FC2ブログ

VS ミニマムベッター

ミニマムベットについて

まぁ、やってきたらその相手は、FISH認定ですね。

FISHですが、とにかくウザいので対策はしないといけません。

傾向としては、プリフロップをルースにプレイするFISHに多いです。
たまにVPはレギュラーなのもいますが、そいつらは大体CCが高いです。

とりあえず、種類をあげていきます。


前提として、

1.あなたはオリジナルレイザーです。(コールした場合でもあまり変わりませんが。)
2.あなたはノーハンドです。

 ※手があれば素直に打ち回せばいいので、それは割愛します。


 H = HERO M = ミニマムベッター

① F : M ミニベット H コール
   T : M ミニベット H コール
   R : M ミニベット

② F : M ミニベット H コール
   T : M ミニベット H コール
   R : M 標準ベット ~ オーバーポット

③ F : M ミニベット H コール
   T : M 標準ベット ~ オーバーポット

④ F : M ミニベット H レイズ M コール
   T : M ミニベット H レイズ M コール
   R : M ミニベット

⑤ F : M ミニベット H レイズ M コール
   T : M ミニベット H コール
   R : M ミニベット

⑥ F : M ミニベット H レイズ M コール
   T : M ミニベット H コール
   R : M 標準ベット ~ オーバーポット

⑦ F : M ミニベット H レイズ M リレイズ

⑧ F : M ミニベット H レイズ M コール
   T : M ミニベット H レイズ M リレイズ


 ※HEROがインポジション時だけですが、アウトでも特に変わらないので割愛します。

対策が必要なのはこんなところですね。
レイズしたら降りるようなのや、打ってこなくなるようなのは、普通に打ってれば問題ないでしょう。
あと、敵が妙に強気だったら打ち返せなければ降りるだけです。
そんな感じで、⑦と⑧は対策いらないんですけどね。
オールインできる手がなければ、降りればいいだけです。


さて、対策に移ります。

① この場合、大抵リバーの時点では相手は何かしらの手を持っているのでAハイでは厳しいです。
   フロップでレイズしなかったんだから、安く全部見れてラッキー、と降りるか、レイズしましょう。

② これは判断が難しいです。Aハイコールがそれ程ミスプレイになりません。
   しかし、このタイプ相手のときはリバーまでに強い手が出来る可能性がなく、レイズする気もなければ、
   フロップの時点で降りるのが、一番リスクを低く抑えます。
   オーバーツーカードなどでコールしていった場合、
   Aハイまた時にはKハイでも、リバーでコールすることを覚悟しなければいけません。

③ このタイプはやり合ったらポットが大きくなるので、無理は禁物です。
   こいつを見つけたら手を待って罠にはめましょう。

④ 非常にウザいですね。
   しかし、何かあるとしても弱い場合が多く、ドロー系・ノーハンドの可能性もかなり高いです。
   大体の場合、標準額のサードバレル(この場合は違うかも)で問題ないです。
   4割がた成功すればプラスになります。
   超アグレッシブにオーバーオールインするという手法も効果的なようです。おすすめはしませんが。

⑤ この形はターンでドローが出来て安く見る、もしくはCBは諦めたが捨てるのが惜しいときですね。
   F:ドローボードのミスドロー・ローボード・ペアボード時以外は捨てるかレイズですね。

⑥ ⑤の激しい版ですね。なければ降りましょう。

⑦&⑧ 上記の通りです。


基本的にドローは見に行ってもいいですが、それ以外は打って出た方がいい結果になります。

②と⑥は初見やあまり降りたところを見せてないなら、手が完成したときリバーでオールインしましょう。
結構な確率でコールしてくれます。

上記の通りに、それなりに長いことやってると、おとなしくなるか、やたら絡んでくるようになります。
絡んできたときは手がなければあまり激しく攻めず、小さいポットはくれてやりましょう。
手を作ってごっそり取ってやってください。


ごく稀に標準的なタイトアグレとか強い人がリバーでやってきたりしますが、それは別物と考えましょう。
慎重に対応してください。色気出してレイズとかすると、高確率でヒドい目に遭います。
スポンサーサイト



Ⅱ. スキル ~プリフロップ~

  ≪項目≫

 スティール

 3-bet & 4-bet or more

 スクイーズ

 リンプ

 レイズザリンパーズ

 ブラインドポジション



スティール

ブラインドスティールでは強いハンドによるバリューレイズに加えて、いくつかは普通はフォールドしてしまうような手であっても相手が降りる事を期待してレイズすべきだ。

スティール率が30%付近になるようにするのが最適だと言われている。
CO・BTN・SBの比率は状況によって変わるだろうが、一般的にはBTN・CO・SBの順に試行頻度が高くなる。

成功率を上げるにはブラインドのプレイヤーをよく観察することが必要になる。


3-bet & 4-bet or more



スクイーズ



リンプ

リングゲームにおいてはあまり必要性のない手段になる。
レイズした方が大抵はいい結果につながるからだ。
もし使うとしたら、プリフロップのミックスアップが必要なレベルのテーブルであるか、フルリングであるか、ヘッズアップであるかだろう。

参加コストを抑えやすいアクションではあるが、このプレイで収益をあげるにはポストフロップの高いスキルか計算高い意図がないといけない。


レイズザリンパーズ

プリフロップにおいてあなたがレイトポジションやブラインドに居るとする。
そのとき、リンパーがいたら、たとえいいハンドがなくてもレイズしてみよう。
バタバタとフォールドしていくだろう。
もし残ってもフロップでハーフポットもベットすれば、あなたはポットをスチールできるだろう。
リンパー達のハンドなどたいしたことはない上に、ヒットしなければすぐにフォールドするのだ。
もしかしたらあなたがエアーだと思っているそのハンドですら勝っている可能性すら有り得る。

ただ、UTGと最初のリンパーには何か意図があるかもしれないので注意する必要がある。


ブラインド

Ⅱ. スキル ~基礎~

  ≪項目≫

 リーディング

 オッズ

 アウツ

 バリューベット

 スモールボール

 エクイティ



 リーディング

ハンドリーディングとは、いままでのアクションに基づいて
相手が持っている可能性のあるハンドを推測する知的プロセスのことである。

ハンドリーディング(手を読む)とは実際には誤った呼称であるといえる。
というのもプロのポーカープレイヤーは、相手がどの手を持っているかということを
正確に読み取ろうとはしていないからである。
彼らが行っているのは、相手の持っている手の可能性を相手のアクションに基づいて
持っていてもおかしくないと思われる範囲にまで絞り込むことである。


 オッズ

オッズと勝率の関係は、ポーカー戦略において最も重要な概念のひとつである。

場に出ている全てのチップと自分の出すチップの比で計算する。


コールのオッズ

 ポット額 + 相手のベット額 : コール額

仮に50のポットに50のベットされた場合、 100 : 50 = 2 : 1 となり、33.3%の勝率が必要となる。


ベットのオッズ

 ポット額 : ベット額

仮に100のポットに7割ベットした場合、 100 : 70 = 1.43 : 1 となり、41.2%の成功率が必要となる。


 アウツ

アウツとは、「自分の手を強くするカード(の枚数)」を指す。

ターンは×2 リバーは×4

枚数が多くなるとブレる。ターンは上向き、リバーは下向く。

使う機会は少ないが心配ならば、
リバーは10アウツのとき、約39% とだけ覚えておく。
以降、1枚につき×3で補正すれば致命的なズレは生じない。


派生として、ブラフアウツというものも存在する。

「自分の手を強くする、と見せかけるカード(の枚数)」

上手なプレイヤーは実際のアウツとブラフアウツを考え、そのオッズからコールレンジが広くなる。


ちなみに余談だが、フロップで欲しいカードが1枚出る確率はアウツ×5.5で計算できる。

なに?2枚欲しい? だめだめ、欲張りは身を滅ぼすよ。


 バリューベット

バリューベットはベストハンドを持っている、もしくはバリューベットの機能が働く、と感じたときに行う。

ときには、ベットに対する期待値が低い状況に置かれることもある。
そんなときはチェックするのがベストな場合もあるし、ベットした方がいい場合もある。
これは相手によるところが大きい。
一見シンバリュー(thin、期待値が低い)ベットであっても、ある特定の対戦相手に対してはビッグバリューベットになり得るし、逆もしかりだ。

数学的に、バリューベッティングは方程式 f(b) = w(b) で表せる。
「w」はあなたがベストハンドである確率、「b」はあなたのベットサイズ。

ベットしたとき、あなたより弱い手は全て降りて、コールされた場合は負けているであろう状況はよくある。
その状況でベットすると、それはバリューベットではなく、ブラフに類するベットになることに注意してほしい。


 スモールボール

スモールボールとは、1回のベットの額を小さくするとともに参加やベットの回数を多くし、フロップ後にスキルで相手を圧倒することにより、小さなポットを多く獲得することで多くのチップを集めようとするプレイスタイル。

プリフロップの額を抑えることによって意図的にディープスタックと似たような状況を作り出すことができる。

熟練者でないプレイヤーが採用した場合、アクションが多くなることで損失が拡大する可能性もあることに注意が必要となります。


 エクイティ

エクイティとはあるプレイヤーのポットにおける自分の期待出来うる取り分のことであり、
勝率か期待値(ポット額×勝率)で表わされる。

負のイクイティ、あるいはイクイティの損失は 1/(ポットに同じ額を投入して参加している人数)が
勝つ確率よりも低い状況でポットに参加している場合に発生する。

ポットの中にすでに金がつぎ込まれているならば、あるプレイに対して、負のイクイティの状況においても、プラスの期待値を得られることもある。

Ⅰ. ベーシック

  ≪項目≫

 ポーカーの基本原理
 
 アクションの定義

 ポジション

 プレイスタイル

 ギャップコンセプト

 サンドイッチ効果



 ポーカーの基本原理

デビッド・スクランスキーによって提唱された。

仮にあなたが相手の手を見られるとして、その場合と同じプレイができればあなたは利益を得、
仮に相手があなたの手を見られるとして、その場合と違うプレイをさせられればあなたは利益を得る

「不完全情報下において意思決定を行うゲーム」というのが、ポーカーの重要な本質であると彼は考えている。

この「ポーカーの基本原理」には、複数の参加者がいるポットにおいていくつかの例外がある。
1対1のときは常に真だが、複数プレイヤーが残ってるときは必ずしも真とは限らない。


 アクションの定義

★レイズ(=ベット)

レイズは(コールと比べて)勝つチャンスがもうひとつ増える。
レイズによって相手が降りて勝つことがあるからだ。
デビッド・スクランスキーはレイズする理由に以下の7つを挙げている。


バリューベット

ベストハンドを持って、より多くの金をポットに入れさせる。


プロテクト

ベストハンドを持っていて、ドローハンドを持った敵をポットから追い出す。


ブラフ、セミブラフ

弱い手やドローの手でレイズし、それによって強い手を持った敵をフォールドさせられるかもしれない。
セミブラフの場合はコールされても、引いて勝つチャンスが残されている。
(そしてその場合、ポットはより大きなものとなる。)


フリーカードをもらう

フロップでドローハンドを持ってベットやレイズした場合、相手がこちらの手を強いと警戒してターンをチェックで回し、タダでリバーが見れるかもしれない。


情報を得る

自分の手が相手に対してどれぐらい強いかよくわからない時にレイズしてみる。
相手がコールなり打ち返してきたら相手の手の強さに関する情報を得ることができる。
あるいは相手がそこで降りてしまい、その場でポットを獲得できる場合もある。


自分の手がセカンドベストのときに、もっと弱いハンドのプレイヤーを追い出す

セカンドベストのドローイングハンドを持っていてまだターンやリバーが残っているときに、レイズして、自分の手よりも劣る手(しかし、ターンやリバーで自分の手よりもよくなる可能性のある手)を持つ第3のプレイヤーを追い出すことで、もし自分がドローを引いた時の勝率を上げて、期待値をあげることが可能である。


ドローイングハンドの相手がベットしてきた場合に、後ろのよりよいハンドを持つ第3のプレイヤーを降ろす

もし、明らかにドローイングハンドの相手がベットしてきた場合、レイズすることで、後ろにいるよりよい手を持っているかもしれない第3のプレイヤーは、ベット⇒レイズの入った状態でコールするよりも、フォールドを選ぶかもしれない。
これはアイソレーションプレイの一種である。



★コール

ベットやレイズに対してコールする理由はいくつか存在する。以下にそれをまとめる。


カードを見るため

プレイヤーがドローイングハンドを持っている場合、コールしてカードを見るための適正なポットオッズがある場合。


期待値上の損失を抑えるため

プレイヤーはコールするのには適正なポットオッズが与えられているものの、レイズしてさらにポットを膨らますのは期待値上損だという場合。


リレイズされるのを避けるため


自分の手の強さを隠すため

プレイヤーが大変強い手を持っているとき、前半のベッティングラウンドでは、スムースコールすることで自分の手の強さを知られないようにして、後半のベッティングラウンドでより多くの金がポットに入れられることを期待できるかもしれない。
(例:フロップでフルハウスを引いた。相手はベットしてきたが、コールのみしておいて、ターンで相手がさらにベットしてくることを期待する。)


ポットオッズを操作するため

(レイズせず)コールすることで、プレイヤーはまだアクションをとっていないプレイヤーにコールするためのよりよいポットオッズを与えることができる。
たとえば、プレイヤーが非常に強い手を持っている場合、スムースコールすることで後ろのプレイヤーにオーバーコールさせて、ポットを膨らませるように仕向けることができるかもしれない。
(例:フロップでフルハウス完成。前のプレイヤーがベットしてきた。自分の後ろにもまだアクティブなプレイヤーがいるので、その相手にコールさせるために、レイズせずにコール。)


後のベッティングラウンドでのブラフを仕掛けるため

前半のベッティングラウンドでのコールによって、後半でのブラフ(あるいはセミブラフ)を準備する。
(例:相手が先アクションで、「何も持って無くてもフロップで必ずコンティニュエーションベットしてきて、コールされたらターンではチェック」というプレイヤーの場合に、こちらもフロップをはずした場合も相手がターンでチェックしてきた場合はブラフで降ろせる可能性が高いのでコールする、等)



★チェック


マージナルなハンドを持っている時に先に進むため

マージナルな状況でショウダウンに向かいたいが余計なリスクを負いたくない場合。


リスクを現状維持する。

上記と似たようだが、これ以上のリスクを負えない場合。


罠にはめる

上記の理由からチェックは弱気とみなされやすい。
これを利用し、相手からアクションを引き出す。


 ポジション

ポジションとは、テーブルを囲んで座るプレイヤーの順番であり、アクションをとる順番である。

ポーカーではアクションをとる順番というものに戦略上の意味が発生する。
一般的に、より先のポジション(最初にアクションをとらなければならない)にいるプレイヤーには、後のポジションのプレイヤーよりベットやレイズするのに強い手が必要とされる。
たとえば、もし後ろにまだアクションを行っていない5人の相手がいたとしたら1人しかいない場合に比べて、そのうちの誰かがより強い手を持っている可能性が高くなるからだ。

後のポジションにいるということは有利である、というのも、前のほうに座っているプレイヤーがどのようにプレイするかを見ることができる(すなわち、相手の手に関して自分が得られる情報が、相手に与える自分の手に関する情報より多くなる)からである。

ポジションを理解するというのは長期的な勝者となる上で最も肝要な要素のひとつである。
プレイヤーのポジションがよくなるにつれ、ハンドに参加して勝つことのできる手の範囲も拡がる。
またそれとは逆に、この(ハンドとポジションの関係という)知識は非常によく知られているので、うまいプレイヤーはそれを利用して自分に有利に働かせることもできる。


 プレイスタイル

ルース or タイト

ルースプレイヤーは比較的多くの手をプレイし、弱めの手でもプレイし続ける。タイトプレイヤーはあまり多くのハンドをプレイせず、弱い手ではプレイしない。以下はルースなプレイヤー達相手のゲームに当てはまる考え方である。(タイトなゲームではその逆になる。)

ブラフやセミブラフはより効果が薄い。というのも、ルースなプレイヤーは降りない可能性が高いからである。

通常に比べて、プレイするハンドのボーダーラインをちょっと下げても良いかもしれない。というのも、ルースなプレイヤーたちもまた、大したことないハンドでプレイしているかもしれないからだ。

ドローハンド(フラッシュなど)でプレイすることの価値は高まる傾向にある。というのも参加者が多いため、ついていくのに十分なオッズがある場合が多く、また、多人数参加のポットで勝つには(ただのワンペアーなどよりも)より強い手が求められることが多いからである。

以下により細分化したタイプ別に述べる。


ルースパッシブ

このタイプは主に初心者に多く、多くのハンドでポットに参加する。
参加後、ポストフロップでは、チェックやコールを多用する。そうでなければ大抵フォールドする。
このタイプがベット・レイズをしてきたら大いに慎重になるべきだ。


ルースアグレッシブ

多くのハンドでポットを狙い、多くの場面でベットする。
このタイプは非常に強いか非常に弱いことが多い。弱い連中の多くは「マニアック」とも呼ばれる。
一般に一番利益の出るスタイルであるとみなされている。
しかし、しっかりと利益を上げているプレイヤーは少なく、難易度の高いスタイルという認識で間違いない。


タイトパッシブ

ハンドを選び、あまり参加せず、ポストフロップも消極的。
このタイプが反撃をしてきたら最大級の警戒をとるべきだ。
もし、あなたがツーペアを持っていても危ないのかもしれない。


タイトアグレッシブ

シリアスなプレイヤーが愛用する、一番基本的なポーカースタイルである。
多くないハンドで参加し、激しく攻撃する。
このタイプが理解できないと利益を上げるのが非常に困難になる。


 ギャップコンセプト

ギャップコンセプトとは、自分でレイズ(ベット)する場合よりも相手のレイズ(ベット)に参加する場合のほうが強いハンドを必要とする、という考え方である。

ギャップコンセプトは、すでに強みを見せている相手との対決を避けたいということや、コールした場合には勝ち方が1通り(ハンドで勝つ)しかないのに対して、ベットを自分から仕掛けた場合には、相手が降りることで勝つことができるかもしれない、ということの反映である。


 サンドイッチ効果

ギャップコンセプトと関連して、サンドイッチ効果とは、(前にベットなりレイズなりしたプレイヤーがいて、更に)まだアクションをとっていないプレイヤーが後ろにいればいるほど、プレイヤーはより強い手を持っていなければならないということである。

プレイヤーには、何人の相手が参加してくるかがわからない、あるいはリレイズにコールしなければならないかもしない、ということがわからないため、実際のポットオッズがわからないのである。したがって、この不確実性を補うため、より強い手を持っていることが望ましいのである。
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
FC2カウンター
来訪者数